ファイブ・カラー レシピ

5色の野菜・果物をバランスよく摂ることで、さまざまな効果があります

野菜・果物によって、チカラの種類は色々。野菜・果物による効果のイメージ

* 上記は一例です。
1つの野菜・果物にも複数の有用性が知られています。

残念なことに、日本人は5色のバランスがよくありません

日本人の色別野菜消費量グラフ※日本人における野菜の摂取量ランキング

  • 1. 大根
  • 2. タマネギ
  • 3. キャベツ
  • 4. 白菜
  • 5. ニンジン
  • 6. ホウレンソウ
  • 7. トマト
  • 8. キュウリ
  • 9. カボチャ
  • 10. レタス
  • 11. モヤシ
  • 12. 根深ネギ
  • 13. ブロッコリー
  • 14. ピーマン
  • 15. ゴボウ
  • 16. ナス
  • 17. 小松菜
  • 18. カブ
  • 19. レンコン
  • 20. チンゲンサイ

※ 厚生労働省2015年8月公表「日本人における野菜の摂取量ランキング*」を基に作成。上位20品目の野菜を色別に分類し、色別の消費量の割合を算出

* 平成24年国民健康・栄養調査のデータをもとに、国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所が解析

カラーレシピ

さらに詳しく

5色の野菜・果物をバランスよく配合。ビタミン・ミネラル・ファイトケミカルスを含むトリプルX

詳細はこちら