コーヒーマイスターが教える コーヒーと食事の美味しい関係

パンやスイーツを食べる時には、コーヒー。
気分転換や食事の締めには、やっぱりコーヒー。
でも、コーヒーの出番は本当にこれだけでしょうか?

実は、皆さんが想像する以上にコーヒーは
いろいろな食事に合う飲み物なのです。

コーヒーの味を知り尽くしたコーヒーマイスターが、

コーヒーに合う美味しい食事や楽しみ方をご紹介します。
新しいコーヒーとの付き合い方を知って、

あなたとコーヒーの関係をもっと楽しく美味しい時間に。

教えてくれるのは、この方!

UCCコーヒーアカデミー専任講師
土井 克朗さん

コーヒーのポテンシャルを最大限に引き出すための技術と知識を持ち合わせた、コーヒーアドバイザー。

ジャパン ハンドドリップ チャンピオンシップ
2014年優勝。

コーヒーはどんな食事と合うの?

コーヒーの持つ味わいに同調するような食材や調理法を選ぶこと。

たったこれだけで、それぞれのコーヒーに合う食事が見つかります。

 

ポイントは、豆と焙煎。

 

たとえば、豆は産地や種類によって特長がありますから、

柑橘系の風味が強い豆にはフルーツが合いますし、

ナッツ系の味わいなら、豆類が入った料理がぴったりきます。

 

もっと分かりやすいのが焙煎で、まるでワインのように、

浅煎りなら白ワイン(酸味&あっさり)、

中煎りならロゼ(中間)、

深煎りなら赤ワイン(コクと苦味)と、

焙煎度合いによって味わいが変化します。

 

コーヒーと食事のマリアージュは、コーヒーを知ることから。

きっと思わぬ発見に出会えますよ。

フルトンストリートの各ブレンドの楽しみ方のポイントは?

 

さわやかな酸味・ライトな味わい

果実のような甘い香りとさわやかな酸味が特徴のハイローストには、フルーツや酸味などを同調させる食事がおすすめ。

たとえば、サラダに柑橘系のフルーツやチーズなどの乳製品を取り入れたり、ドレッシングなどで酸味をプラスしてみるとベスト。

浅煎り焙煎のすっきりとした味わいに合わせて、あっさりしたお魚料理も好相性です。

 

 

おだやかな酸味とコク・スタンダードな味わい

赤ワインのような香りとコクのある味わい、そのバランスが絶妙なシティローストは、その味わいと同じように調和のとれた料理が好相性。

素材の旨みを凝縮させた煮込み料理や、炊き込みご飯やパスタなど、すべての食材が一皿になった料理がおすすめ。

 

 

深煎り・ストロングな味わい

ナッツのような香ばしさとダークチョコのようなコクのフレンチローストは、その深煎りした焙煎と同じように、ローストされた料理や濃い味付けの料理がおすすめ。

たとえば、肉料理でもタレやソースと一緒に焼き上げた照り焼きなどのこってりとした料理と好相性。

また、素材の味がしっかりしているものや、だしの味わいとも相性が良くおすすめです。

新登場!フルトン ストリート™ コーヒーメーカー&オリジナルブレンド

味わい変える。おもてなし広がる。

コーヒーを手に集まる仲間たちの笑顔。

フルトン ストリート™は、品質にこだわった3種のオリジナルブレンドと、抽出レベルが選べ、

美味しさを引き出すことにこだわったコーヒーメーカーで、大切な人たちの好みや気分に寄り添う、

とっておきのおもてなしコーヒーを提供します。

新製品の詳細はこちら

発売記念キャンペーンはこちら