*こづゆ*郷土料理でおもてなし*

*こづゆ*郷土料理でおもてなし*

福島県会津若松地方に伝わる郷土料理です。 会津地方出身の義母に教わりました。 具だくさんで華やいだ見た目と、 貝柱の旨みが効いた上品な味わいが、 お祝いやおもてなしの席にピッタリの椀物です♪

調理時間: 60分

レシピ ID: 28-1908

材料
(約12杯分)

干し椎茸 5~6個
乾燥きくらげ 10g(5~6枚)
ほたて貝柱 10個
糸こんにゃく 1袋(200g)
里芋 1袋(7~8個)
人参 中1本
かつお節 10g
浄水 1L
まめ麩 1カップ
椎茸の戻し汁 約200cc
ほたて貝柱の戻し汁 約100cc
大さじ1
12ヶ月の食卓 塩 小さじ1
12ヶ月の食 「樽搾り」醤油 大さじ1

作り方

01
ほたて貝柱は1晩水で戻しておきます。
干し椎茸、乾燥きくらげは1~2時間水に浸して戻しておきます。
まめ麩は30分くらい水に浸します。
(写真は量がかなり多目です)
02
里芋は1口大に、人参は1cmくらいの色紙切り
(orイチョウ切り)にします。
椎茸、きくらげも1cm角くらいに切ります。
糸こんにゃくは食べやすい長さに切ります。
貝柱は細かくほぐしておきます。
03
だしをとります。
中ソースパンに浄水1Lとかつお節10gを入れ、
インダクションレンジの中火でひと煮立ちさせます。
沸騰して少し経つとかつお節が沈んでいくので、
そこで火を止め、漉しておきます。
かつお節を水から入れて煮立てるのが会津流なのだそうです。
04
シチューパンに③のだし汁と椎茸と貝柱の戻し汁を加え、
インダクションレンジの中火で煮立て、
貝柱、里芋、椎茸を入れたらフタをして煮、再び沸騰したら
人参、きくらげ、糸こんにゃくを加えて煮込みます。
05
沸騰したら、味付けをします。
酒大さじ1、塩小さじ1、樽搾り醤油大さじ1を味を見ながら加えます。
06
具が煮えたら、水気をよく絞ったまめ麩を加え、
フタをして火を止め、余熱で味をしみ込ませます。
全体を混ぜて馴染ませたらできあがりです。
食材 きのこ・山菜 、海藻・乾物 、魚介類 、芋類 、野菜
種類 汁物
調理時間 60分
調理方法 煮る

このレシピで使用するアムウェイ調理機器

中ソースパン 中ソースパン
10Lシチューパン 10Lシチューパン
e インダクションレンジ e インダクションレンジ

このレシピで使用するアムウェイ食品

塩
樽搾り醤油 樽搾り醤油

このレシピを共有する

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • E-MAIL

同じ食材を使用したレシピ

TOPへ戻る